トップ / 男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンと薄毛の関係

薄毛の多くの原因

原因

薄毛の原因と遺伝子について

抜け毛に悩む人の多くは男性型脱毛症である可能性が高いと言います。男性型脱毛症は遺伝子の影響を受け、男性ホルモンのバランスが乱れる事で生じる薄毛です。男性ホルモンの1つとなる、テストステロンが体内酵素でもある5α-還元酵素と結びつくことで、DHTと言う別の男性ホルモンに変換されると言います。尚、男性ホルモンは女性にもあるため、男性だけが生じるものではないのです。DHTは薄毛の症状を引き起こす要因でもあり、DHTを抑制させるための医薬品が処方され、治療を受ける事で、毛周期が正しくなり、その結果抜け毛が減ると言われているのです。

遺伝子による抜け毛は男性も女性

抜け毛が増える事で脱毛症を生じ、薄毛に悩む人が多いと言います。男性型脱毛症は、毛周期を狂わせ成長過程の毛を短期間に脱毛をさせ、抜け毛の症状を引き起こすもので、その原因と言うのは遺伝子によるものだと言います。尚、男性型脱毛症は男性の症状を示すものでありAGAと言います。また、女性の場合は女性男性型脱毛症と呼ばれるFAGAであり、男性と女性の抜け毛のメカニズムは同じなのですが、女性の場合は女性ホルモンの分泌が多い事からも男性のように全ての毛が抜け落ちる事は無いと言います。しかしながら、早めの薄毛治療を受ける事は大切なのです。

↑PAGE TOP