トップ

男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛

薄毛と男性ホルモン

原因

AGAの薄毛の原因について

AGAと言うのは男性型脱毛症とも呼ばれる薄毛です。遺伝子による男性ホルモンの乱れが原因で、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが体内酵素と結びつくことでDHTと呼ばれる物質に変換されます。DHTはヘアサイクルを乱す性質を持っており、この物質により通常3年から4年と言われている成長期が3か月ほどの期間に短縮されてしまいます。折角伸びた髪の毛も、3ヶ月と言う短い期間で抜け毛となるため薄毛の症状が起きると言うメカニズムになります。尚、AGAはDHTに変換してしまう体内酵素を阻害する医薬品を利用して治療を行うのが特徴です。

抜け毛の原因はホルモンバランス

薄毛や抜け毛でお悩みの方は多く特に男性は多いのですが、この男性の抜け毛のほとんどはAGAと呼ばれるものが原因となっています。これは男性ホルモンの一種であるテストステロンと5α-リダクターゼが結合することによって引き起こされてしまいますので、改善するにはこれを減少させることが重要となってきます。これにはプロペシアと呼ばれる薬が用いられることが多いのですが、そのほかには大豆に含まれているイソフラボンも薄毛改善するのに効果的になりますので、お悩みの方は毎日の食事に豆腐や納豆、豆乳などを取り入れるようにしてみてください。

新着情報

↑PAGE TOP